【セルフタッチケア】眠れない…自分でできるおススメタッチ!

step2・タッチケア講座ではホルモンのことについても触れていきます。



近年、メディアでも取り上げられ注目されている【オキシトシン】ホルモン

※オキシトシンについてはコチラへ



幸せホルモンとも
絆のホルモンとも
愛情ホルモンとも言われています。



母と子のつながりや
他者への信頼感、
ストレスの軽減、
感情形成に関与するホルモン



タッチケアではこのオキシトシンについても詳しく触れていきます。



タッチケアで分泌される幸せホルモンは、オキシトシンだけじゃありません。


【セロトニン】
精神の安定や睡眠に関わるホルモンです。



ドーパミンという増えすぎると興奮状態になるホルモンを、落ち着かせてくれる役割もあります。



今年はこのような状況で、ストレス・不安・緊張を抱える方が増え
『睡眠』で悩まれる方が多くありました。




お子さんのストレスで現れる3つの症状

・睡眠

・頭が痛い

・お腹が痛い

にも睡眠は上がってきます。


【眠れない】症状を大きく4つあげると

・入眠障害(寝つきが悪い)

・何度も目が覚める

・朝早く目覚めてしまう

・眠りが浅い

があります。



不安・緊張・ストレスでなかなか眠れなくなり
ついつい夜更かししてしまい


朝が起きれない…

朝起きてもぼんやりしてる

昼間に覇気がない

疲れやすい

冷えを感じやすい

イライラしやすい

精神的に不安定になりがち…

と悪循環が生まれ
学校に行きたくない子供、疲れやすい子供も増えました。

(学校が荒れだした…という報告も受けております)



セロトニン不足は睡眠障害だけでなく、
こころにも大きく影響を与え、
うつ病の発症になることも言われています。



人と人に触れることが難しい今年、
セルフタッチがメンタルケアにも取り入れられ、
そこで得られた効果も聞きました。


今日は
質の良い睡眠にもつながるセルフタッチを紹介します。


上の図にある眉の間を指の腹(両手)でさすってあげたり自分でさすってみましょう。


自分でセルフケアとしても、お子さんにやってあげるのもいいですね。



眉の間に触れることであごが緩みます。


寝ているときにグッと歯を食いしばる人にもいいですよ。

力んだ状態で寝ても疲れが取れないので和らげるのにもいいですね。

ストレスを和らげる、
目の疲れ、
力んでしまう
食いしばりがある

など感じるときに、やってみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です