【タッチケア感想】介護中の母のやさしい変化と自分のこころの余裕


タッチケアの講座には、介護職の方や、ご家族の介護をされてる方も多く受講下さいます。

今回step2・タッチケアアドバイザー講座を受講下さった方は、親の介護真っ只中でした。
週に何度も他県を、車で高速に乗り移動されてました。


とても大変な時だったと思うのですが、そんな時だったからこそ、
自分にもこころの余裕が持てる時間を願っておられました。


受講を重ねるうちに、講座がご自分のリフレッシュにもなる!
そう話してくださいました。



今回は、実際にタッチケア講座を受講下さった感想を取り上げています。



■なぜ講座を受けようと思ったのですか?必要だと思った理由・内容など■

・県外に在住の母の介護に役立てたいと思った。

(母は一人住まいで高齢・ペースメーカー使用・聴覚障害者であり、普段、他者との会話時間も短いと感じた)

・介護疲れで、体調を崩し気味の自分の気分転換もかねて、新しい知識を得たいと思った。

■受講の目的は達成できましたか?上記の必要だったことは得られましたか?■

・母に施術すると、手の温かさ、色、艶が変わったのは元より、表情、言葉遣いにも優しくなる変化が得られた。

・講師をはじめ、共感を得られる他者との関わりで(他の受講生さん)、自分自身の体調もよくなり、気分・気持ちに少し余裕が生まれたように思う。

■受講前と後で変わったことを教えてください■  

・怒る前に一度停止することができるようになったと思う

・他者の話を聴こうという姿勢・意識するようになった

・押しつけ・強要の話し方が少し減ってきたかと感じてます

■傾聴・タッチケアについてどう思いますか?■

・整体などと違い、痛みや強みもなく「やさしさ」がとても良いと思う

・逆に言うと「簡単な姿勢」ほど意外に気が付かないものと反省

■この講座はどんな方におススメと思いますか?■

・イライラしてる方、他者との関りが少ない(高齢者に限らず)方、病気で重い心を持っている方、ショックに落ち込んでいる方、また、忙しい人ほどこのやさしさに触れるべきと感じた

■その他、思ったことがあればお書きください■

とはいえ、なかなか初対面の人にはこちらも心を簡単に開けるものではない。

トリートメントの順番だけでなく、流れに集中しすぎて、傾聴までいくには普段の心がけも必要と感じた。

まずは自分の手のケアから始めます。

そしてやっぱりしの先生はスゴイなぁと実感♡

人間の体の機能の凄さにビックリしてます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です